Consultation

診療案内

無痛治療

表面麻酔を用い、麻酔液を体温と同じにして強圧を加わえないように細心の注意を払って麻酔を行なっております。

また、患者さんに十分な「インフォームド・コンセント」(説明と同意)を行い、同時に患者さんとのコミュニケーションを大事にします。
出来るだけ治療の恐怖心を取り除き、リラックスして治療にのぞんでいただけるような、快適な医院作りをしています。

ホワイトニング

安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります

濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。
ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。

ホワイトニングの方法

まず歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。
異常がなければ、型を取ります。薄くてソフトなプラスチックトレイはホワイトニングが十分快適に行なえるよう作成されています。
トレイが作成されたら、歯科医が家庭で行うホームホワイトニングの仕方を説明します。
通常は就寝時に行います。反応の早い人は2~3日から効果が現れます。

​院内でも行っておりますので、詳しくはお尋ねください。

Before

After

Before

After

審美歯科

より美しく、自然な歯に

「より美しく、自然な歯に」これが審美歯科です。
変色した前歯や奥歯の金属が気になりませんか?
審美歯科は機能を修復するだけでなく、本来の自然な美しい歯のように修復します。

ラミネートベニア
破折・色のくすみ修復の場合
歯の色がくすんでいたり、事故などで歯の一部が欠けたりという悩みには、セラミックの薄片を貼り合わせる治療を行なうことで解決します。 天然歯の健康的な色、形に再現します。

セラミックインレー
目立たない白い詰め物

詰め物(インレー)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、銀色に目立ち、見た目はあまり良くありませんでした。
セラミックを使用することにより、治療個所が目立たず、非常に健康的に見えます。

セラミッククラウン、ブリッジ
1本欠損の場合
虫歯の進行具合によっては被せ物やブリッジによる治療となります。
セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い輝きを取り戻すことが出来ます。

矯正治療

歯科矯正治療の目的は、 歯並びをきれいにすることだけではありません。
しっかりと噛める噛み合わせにすること。
お口の中を清潔に管理しやすい環境にすることで歯の寿命を延ばすことも大切な目的です。
歯並び・噛み合せの気になる方は、まずご相談ください。
また、歯科矯正治療に年齢は関係ありません。

叢生(八重歯)

治療前

治療後

上顎前突(出っ歯)

治療前

治療後

下顎前突(受け口)

歯並びが悪いままにしておくと・・

あなたの笑顔のために

せっかくの笑顔を手で隠していませんか? もし歯並びの悪さが、あなたのコンプレックスになっているのであれば、歯科矯正治療で取り除くことが出来ます。

 

虫歯、歯周病の予防のために

歯の重なり合っているところは歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になりやすく、口臭の原因にもなります。

正しい発音のために

歯並びが悪いとうまく発音できないことばがあります。特に外国語の発音に影響を与えます。

バランスのとれた顎の成長のために

成長期の出っ歯、受け口などは顎の骨や筋肉の成長に関わってきます。バランスのとれた大人の顔になるための悪影響になることがあります。 

お口は消化器の入り口です

噛み合せが悪いと、食べ物がよく噛めないので十分噛まずに飲み込むため、胃腸に負担がかかり体調をくずすことがあります。 

治療期間

●治療期間:平均的には1~3年ぐらい(人によって異なります)
●来院頻度:約4週間(1ヶ月)に1度(きちんと来院しないと治療期間が延びます)

歯並びがきれいに並び、よく噛み合うようになったら、矯正装置をはずします。
その後、後戻りを防止するリテーナ(保定装置)という装置をつけます。

●保定装置装着期間:平均で1年半ぐらい(人によって異なります)
●保定時の来院頻度:2~3ヶ月1度 

審美性装置

舌側矯正

ヘッドギア

リテーナ(保定装置)

チンキャップ

治療費

※装置料について、患者さんの負担を少なくするよう分割等も可能です。詳しくはご相談ください。

P.M.T.C(歯のクリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専門家による本格的な歯のお掃除のことです。

歯科医師・歯科衛生士のように特別な訓練を受けた専門家により、器具とフッ化物ペーストを用いてすべての歯面の歯肉縁上、歯肉縁下1~3mmのプラークを機械的に除去します。

痛みはありません。定期的にPMTCを続けることで、歯周病の予防・進行抑制ができます。
歯周病は管理が必要な病気のため定期的な検診がとても大切になってきます。

 

ではPMTCは虫歯や歯周病にどの程度の効果があるのでしょうか?
PMTCを行うことで新しい虫歯を防ぐことができ歯周病予防もできます。

PMTC+ホームケアー→虫歯・歯周病予防
当医院ではPMTCの際、フッ素塗布をお勧めいたします。フッ素を塗ることで
●再石灰化(歯が酸に溶かされた部分を再度白く硬くすること)を促進し、
●歯の質を改善し酸に溶けにくい歯にすることで、

虫歯予防につながります。


毎日のブラッシング・フッ素入り歯みがき粉・PMTCを習慣にしましょう。

 
 
 
 
 

治療前

治療後

Copyright © Endo Dental Office All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon